教育プログラムにおける学び・気づき・成長

先ずは自分の気力や体力の限界に挑戦し自分を見つめなおし、スポーツや野外活動をする上で必要とする「あきらめないマインド」がいかに大切なのかを体感します。自分の限界を自分自身で決めることなく、それを超えることで見えてくる仲間への感謝の心や生かし生かされていることに自分自身が気づくことのできるプログラムです。


自分自身のあり方・・・ 三間(時間・空間・仲間)

  

  時間

地球上の全ての人が共有する24時間を自分自身どう生きるのか…それを選択するのは自分自身であり、「今」という瞬間(時間)を生きていること、過去(時間)を変えることはできないないこと、未来(時間)は誰にもわからないことに気づき、そこで、今を選択し「やるかやらないか」の重要性を学びます。

    空間

環境も時間同様に誰にも変えることはできません。日照り続きだからと言って雨乞いをしても天候は変えられないように、環境そのものを変えることはできません。しかし、選択して室内に入ったり外に出たり、その環境を受け容れ、どうするかを考え行動し周りを変えることはできます。そのことをそれぞれの立場や仕事の環境に照らし合わせ、まずは環境を受け入れることの重要性に気づくことを学びます。

  仲間

かけがえのない仲間の存在は、私たち一人ひとりに、大いなる力と無限の可能性を与えてくれます。そのためには、自分は変えるが、他人は変えらないことを、しっかり学び育むことが重要です。自分自身の変化を恐れず進化を楽しみ、在り方に気づくことで、仲間の存在意味を知ることを学びます。

  


プログラム内容

ランスイムラン

 文字通り走る・泳ぐ・走るを体験し、単純な動きの中で自分のペースを図り、やり続

 けることで今の自分自身の体力と気力を感じるプログラム

スイムラン

 様々な仕掛けと条件をつけて、水の中を走り続け、全ての仲間のゴールを目指し、チ

 ームで限界を超える大切さと達成感を体感するプログラム

フローティング

 立ち泳ぎや浮き身を取りながら、指示する目的を個人やチームで達成し、あきらめな

 いでやり続けることの大切さを伝えるプログム

ライフセービング

 ライフセービングの救助技術や救命具を取り入れ、レスキュープログラム・波乗りプ

 ログラムを体感し、人の命を助けるをキーワードに心と体の強化を図るプログラム

その他

 人材育成や組織力向上(チームワーク)など参加者ニーズに合わせたプログラム


活動実績

  東京都市大学付属中学校 臨海学校

「埼玉ジュニアプログラム(川及びプール)

「沖縄ジュニアライフガードプログラム(海)」

「中学校臨海学校プログラム(海)」

「こども自然体験プログラム(海)」