組織を育てるための人材プログラム


 「プログラム参加者は、快適の環境・組織とは何かを理解し、組織や人材を創ることの価値の大きさにあらためて気づくでしょう。さらにはそれらを継続するためのあり方や考え方の価値に気づき、今自分ができることの可能性の大さに気づくことになります。組織からではなく自らのマインドを動かし ”働き方改革” に取り組めると考えます。


コミュニケーションプログラム    一対一、一対マス、マス対マスのコミュニケーションの在

                  り方、活用すること、継続することの意味を理解する。


チームワークプログラム       チームとしての目的を明確にする。チームで創造、協力を

                  しながら目的を達成する。

                  仲間の大切さと強調性を育む。      


リーダーシップ          生きた現場環境、活かされた人間関係は、一人一人が覚悟

 (&フォロワーシップ」      と責任を持つこと。その仕組みづくりを育む。


顧客への責任            顧客の行動を理解した上で、責任ある対応を取りつつ、

 (プロフェッショナルズム)    共に安全を創りだすパートナーであることを認識する。


「モチベーション          Give&Giveのおもてなし(笑顔)はお客様の喜び(笑顔)

 (やる気・本気・元気)」       が波紋となり連鎖する。そして、更なる動機付けに繋がる

                  ことを学ぶ。


「商品の理解とは」         提供するサービス(安全性)は自分達の贈るプレゼントタイム

                  (おもてなしの心)(瞬間の連続) として意味と意義を知る。


「施設の理解とは」           不必要な危険箇所の把握と撤去及び必要な危険箇所の理解 とサイ

                                                       ンの重要性を知る。


「評価と振返り」            日々のふりかえることの必要性を理解し、伝達力を養い共通理解

                                                      を深め共有する。