全国プール管理者養成プログラム開催

平成18年に発生したふじみ野市のプール事故を受け、文部科学省・国土交通省や地方自治体から平成19年度「プール安全標準指針」が定められ、これに伴い設置者及び管理者には更なる施設整備の強化と管理者のレベルアップが求められるようになりました。これは、「プール安全標準指針」の指針に基づいた管理運営を行える設置者及び管理者を要請し資格を取得するものです。管理者に向けての資格として、マインド、知識、技術の全てを取得できる唯一の資格になりますので一人でも多くの方に受講していただき、利用者への安心・安全の提供はもとより、全国のプール事故をゼロにするためぜひ参加していただきたいと考えおります。

 

開催期間:2020年2月15日(土)〜2月17日(月) の3日間 

 

開催場所玉県越谷市 県民健康福祉村内

 

〜プログラム内容〜

マインドプログラム(マインド)
 ・ファシリテータースキル 
 ・コミュニケーションスキル
 ・リーダーとしてのマインド
 ・モチベーションマネジメント
 ・チームワーク

• 施設管理リスクマネジメント(知識)
• 法的賠償が起こらないための知識(法的リスク)
• プール施設の安全/維持管理・衛生
• ウォータースライド施設の安全/維持管理・構造の理解
              
• スキルプログラム(実技)
 ・監視システムの必要性
 ・監視の基本技術の習得
 ・テクニカルスキル1(始動)
 ・テクニカルスキル2(対処)
 ・テクニカルスキル3(CPR&AED)
 ・救助の際に起こりうる精神的影響への理解  

 

監修 (公財)埼玉県公園緑地協会
   (公社)日本プールアメニティ協会
   日本ウォータースライド安全協会
   (一社)国際救命救急協会
         NPO法人 ウォーターワイズ
                          
※その他詳しいお問い合わせについては
  waterwise.ohana@gmail.com へご連絡ください


沖縄県プール設置者・管理者及び監視員資格について

  

   主 催   特定非営利活動法人ウォーターワイズ

           後 援   沖縄県(予定)

   協 力   公益社団法人 日本プールアメニティ協会

                       国際救急救命協会

    

 

沖縄県におけるすべてのプール施設の設置者及び管理者を対象とさせていただき、

20073月、国からの安全基準として示めされた「プール安全標準指針」に基づく資格取得講習会(第33-2管理体制の整備・監視員)を実施致します。

 学校やホテルプール等の管理者・設置者及び監視員としてのマインド・衛生知識・管理

 技術、リスクマネジメントを学び、安全管理体制の整備のための現場に則した監視技術

 の取得及び安全意識の向上を目的とした講習とさせていただきます。

 

今後の沖縄県内における各プール施設のさらなる安全とプール事故“0ゼロ”を創り出すために各関係者の皆様には是非ともご参加いただければと思います。

 

 

        名:沖縄県プール管理者及び監視員資格講習会

 

場    所:沖縄県那覇市奥武山公園プール場会議室(1F)

 

日    程:2020年 6月25日(木)26日(金)

       9:00  受付

       9:15  講習スタート

      12:00 昼休み

      13:00 講習スタート

      16:30 終了

 

費    用:15,000円(税込)・・・(資格発行料含む)

   

                容:事故を起こさないための環境づくりとは

          設置者・管理者・監視員への考え方・マンインド

          プール安全標準指針への理解

          救急法及び救助スキル(国際救急救命協会ベーシック)

          プール施設管理士資格取得 

1.プールについて
2.
水質管理の要点
3.
循環浄化装置と周辺機器の知識
4.
機器の点検(管理)ポイント

5.
プール施設の安全及び衛生点検
6.
プール施設の安全管理(重大事故撲滅)
7.
プール施設の維持管理

 

※個人情報について

お申込み頂く個人情報については、本講習会に関する範囲内のみ利用させていただ

ます。受講者本人からの開示、訂正を求められたときには、速やかに対応します。

法令に基づく場合等、正当な理由がある場合を除き第三者に開示又は提供いたしま

せん。なお、本講習会を申込みされた方は、この個人情報について同意したものと

させていただきます。

 


観光グローバル化に向けての先進的事例による

プール施設研修及びライフガードプログラ

〜  IN AUSTRALIA 〜

 

県内外をはじめ観光として日本を訪れる外国人が年々増加していく中で、多くの観光施設やプール(アメニティー)施設でのグローバル化による安全管理・サービス面の多様性を実現するために、どのような施設管理や指導が行われているか、世界的なプールライフガード於いて実績のあるオーストラリアロイヤルライフセービングプログラム又はサーフライフセービングによる近年のライフセービング施設及びプール施設についての視察や研修プログラムを実施いたします。

1.主催:NPO 法人ウォーターワイズ

2.会場: オーストラリアシドニー 

3.日程:①2020年2月 5日(水) ~2月13日(水) 間 

4.  対象:プール及び施設管理者対象 

5. 視察先:オーストラリア・シドニー クロヌラサーフクラブ

      シドニー ウェッティングワイルド

      シドニー ロイヤルライフセービングクラブ

      ボンダイビーチなど

 6・宿泊先:シドニー クロヌラサーフクラブ

 

 

7・通訳及び現地コーディネーター

  ウォーターワイズ所属ライフセービングコーディネイター 1名

 

8・現地での電話連絡先

  齊藤勉

  090 1501 6676  info@waterwise-co.com

 

9・その他 平均気温27℃ 最低気温19℃

   時差 日本時間+1